ビジネスを円滑に!



文力トレーニング > 文とは < ビジネス文書の書き方

ビジネス文書の書き方

*

あいさつ文

拝啓

初春の候、○○様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、かくかくしかじか

つきましては、かくかくしかじか

まずは略儀ながら書中をもって、ご通知かたがたご挨拶申し上げます。

謹白

平成○年○月○日

株式会社 何々

山田太郎

感謝分

拝啓

初春の候、○○様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

かねてより一方ならぬご厚情にあずかり、厚く御礼申し上げます。

かくかくしかじか

今後ともご期待に添えますよう、社員一同力を結集して社業に尽くす所存ですので、 なにとぞ末永くご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

まずは略儀ながら書中をもって御礼申し上げます。

謹白

平成○年○月○日

株式会社 何々

山田太郎

依頼文

依頼するための文章です。

挨拶 → 自己紹介 → 何を目指すか? → 依頼内容 → 依頼理由 → 条件(期日、謝礼等) → 返事の方法、締めの言葉

という流れで文章を作ります。

依頼を断る文

拝啓

桜花の候、貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。

さてかくかくしかじか

さっそく検討させていただきましたが、はなはだ残念ながら貴意に添いかねる仕儀となりました事をご報告申し上げます。

理由を述べる

せっかくお申込みいただきましたのに、ご希望にお応えすることができずまことに心苦しく存じますが、なにとぞご了承のほど、 よろしくお願い申し上げます。

謹白

謝罪文

心から謝るための文章です。 仕事にしろ、プライベートにしろ、お詫びの才能は、社会人に必須と言えます。

謝罪 → 相手側からみる → 罪を積極的に認める → 原因究明 → 対策 → 償い → 再度謝罪

という流れで書きます。

議事録

会議の記録です。 前回までの流れと、次回の予定を書きます。


文力トレーニング > 文とは < ビジネス文書の書き方

© 文力トレーニング
上へ