コツを身につけましょう



文力トレーニング > 書く > 決め

決め

*

「決め」とは自分独自の問いで、テーマを鋭く切り取ることです。 自分で考え「決め」て打ち出す。 その「決め」が的確で個性的なほど、読む人は意味を感じます。 

でも「決め」を打ち出すことには、反発のリスクが伴います。

それを恐れて「決め」ないほど話は意味がなく、あたりさわりのないものになります。 常に読み手にとって心地よいことを書いていけば、相手に嫌われませんが、それでは書く意味を見失い、読む側の興味も失せてしまいます。

リスクを負って決めるからこそ、自分の判断が正しいか考え、根拠を用意し、 読者を説得しようと努力するようになります。 「決め」を打ち出す習慣をつければ、自ずと論理力はついてきます。

注意点

一見切れ味が鋭い文章は、正確さを犠牲にしている場合があります。 細部をいい加減にした文章は、ウソを書きやすいものです。  「神は細部に宿りたもう」という言葉もありますし。


文力トレーニング > 書く > 決め

© 文力トレーニング
上へ