ビジネスを円滑に!



文力トレーニング > 文とは < メールの書き方

メールの書き方

*

大事な事は文頭に

メールでは、大事な事を頭に書く方が堅実です。 他の文章に比べ、読む側も気軽なので、 最後まで文章を読む緊張感が無いからです。

1.5倍のテンションで書く

メールの文は、手書きにくらべて固く、感情が伝わりにくいものです。 こちらは感情込めて書いているつもりでも「ん、怒ってんの?」と思われたりするかもしれません。 そこでメール文に関しては、普段の自分の1.5倍テンションを上げた感じで書くとよいでしょう。 「こんにちは。 先日はありがとうございました」でなく「こんにちは!! 先日はホンッとにありがとうございました!」のように。


文力トレーニング > 文とは < メールの書き方

© 文力トレーニング
上へ