コツを身につけましょう



文力トレーニング > 書く > 文の流れ

文の流れ

*

書き出し

いきなり核心から入ることが大事です。 書き出しの文章はもたもたせずスッキリしていて、人をひきつける力が欲しいものです。 書き出しに避けたほうがよいのはきめ台詞比喩定義です。

読んでみる

声に出して読むと、つながりの悪いところや舌足らずのところがハッキリわかります。 読んでみて、伝えたいと思っていることが、クッキリわかりやすく浮かび上がっていますか?

文末

否定の文末が続かないように注意します。 日本語は文末が単調になりがちなので、 なるべく変えるように気を使います。 たとえば「だった」が続いてみたり。 良い結びの言葉と出会うことが大切です。


文力トレーニング > 書く > 文の流れ

© 文力トレーニング
上へ