読み手を意識しましょう



文力トレーニング > 読んでもらう

読んでもらう

*

読む気にさせる文章

読む気をおこさせるか否かは書き出しにかかっていることが多いです。

文末に、「以上の内容はあなたの生活をよりよくするために大いに役立ちます。 十分ご活用ください。」

と持ってきては、そこまで読んでもらえない可能性があります。 だから文頭に、

「以下の内容はあなたの生活をよりよくするために大いに役立ちます。  少々長いですが読んでみてください」

と置くようにします。

読む動機を作るには

やさしい言葉を使おう

気の利いた文を書くには

ひきこまれて読む、という面白さがありますか?

気の利いた文章を書くには自分がピエロになることです。 自分の欠点を容赦なく書きます。  逆に読み手の反感を買うのは「自分の欠点を書いたようでいて、実は自慢話であることです。  一枚上手の文章技法は自慢話をしたようでいて、実はピエロになっているものです。

ここで笑いをとろう、といった意識が先走ると文章が下品になります。


文力トレーニング > 読んでもらう

© 文力トレーニング
上へ