コツを身につけましょう



文力トレーニング > 書く > 文章の7つの要件

文章の5つの要件

  1. 一番言いたいことはなに?
  2. どんな人が読む?
  3. 誰がどうなることを目指すの?
  4. 根拠ある?
  5. 根本に想いはある?
*

発言の根っこには、その人を発言に向かわせている想いがあります。  そしてその想いこそが、言葉の出所です。 自分の問題意識はどこに向かっているか?  読み手に対して書き手の自分はどこに立っているかを意識します。

書くことは考えること

人は、書くことを通じて考えを進めます。 書いたものを広く世間に発表するのかどうかは別として、 考える一番有効な方法、それは「書く」ことです。

「書くこと = 考えること」なのです。  だから、書くために必要なことを、自分の頭で考える方法がわかれば、書く力はグンと進歩します。

自分の頭でものを考える方法を習った人事のある人は、なかなか少ないものです。

「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「なぜ」「どのようにして」(5W1H)を追い、具体的な事柄を伝えます。

考えよう

自分で考えると事は、たえず「ゆれ続ける」ことです。  「絶対そうだ」と固くならずに、安定しないまま、自分の内側、 まわりの環境に応じて、最適な判断をしようとすることです。

言葉でいうと簡単ですが、これがなかなか大変な作業です。  なので、ゆれる事を止めて、安定したものにデンと腰を下ろして安心したくなるのです。

これが「思考停止」という状態であり、文章を書く書かないは抜きにしても、 そうなってはいけない状態です。

「考えろ」と言われたら、上でなく下を向いてペンをとるのがコツです。 そして、話しておきたいキーワードを極力多く紙に書いてラインナップします。

次に、この中で最重要なものを選び「これだけは絶対に話す」というフレーズをつくって赤ボールペンで囲みます。 その上で、最後に言い残す「決めフレーズ」をつくります。 これが骨格になります。


文力トレーニング > 書く > 文章の7つの要件

© 文力トレーニング
上へ