コツを身につけましょう



文力トレーニング > 書く > テーマ

テーマ

テーマは与えられる場合もあれば、自ら作り出さねばならない場合もあります。  テーマを自分で作り出す時は、そのテーマに関してできるだけ多くの「問い」を考えます。

*

「数は質を凌駕する」

という言葉もあるぐらいですので、一生懸命がんばります。

疲れる作業ですが、無理やりにでも問を出すことで、視野が広がります。

単に浅く知識や情報を並べるだけでは自分独自の意見を示すことができません。

テーマと論点は違う

たとえば「日本人」というテーマで文章を書いてもらうとすると、 そのまま「日本人について」を論点にしてしまいがちです。

でも「日本人」は、あくまでもテーマであって論点ではありません。

テーマ、はつまり大きな外枠です。 このまま書いてしまうと、 なんともぼやけた文になってしまいます。

そこで「日本人の特徴と言われるおとなしさは、どのように作られたのか?」というような、 自分独自の論点に絞りこむ必要があるのです(これがつまり決めです)。

「日本人と髪型」でも「日本人の手先の器用さと箸の関係」等何でもいいんです。

文全体を貫く一つの大きな問いが「論点」です。  文章の方向を決める論点なのです。

テーマを探す


文力トレーニング > 書く > テーマ

© 文力トレーニング
上へ